茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » こだわりはここ!注文住宅チェックポイント » 長期優良住宅を建てるメリット

長期優良住宅を建てるメリット

これから長期優良住宅を建てる家族のために大切なこと

こちらのページでは、近年良くメディアなどでも聞かれることが多い長期優良住宅についてくわしく解説していきたいと思います。

そもそも長期優良住宅ってなに、という初歩的なことから、そのメリットやデメリット、長期優良住宅住宅に適合した注文住宅会社を選ぶための基準、これから家づくりを行う茨城県での長期優良住宅に対する現状、そして茨城県で実績のある施行会社も紹介しています。

家族にとって安全に快適なより所となる大切な住まいを建てるうえの、重要な情報となりますので、ぜひ家づくりの参考にしていただければと思います。

長期優良住宅とは

平成20年12月に交付されて、翌平成21年6月4日に施工された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、長期間にわたって優良な住宅を建てること、そして維持保全をすることを目的としています。

その目的は

今までのように消費するだけの住宅ではなく、より豊かで環境にもやさしい暮らしにシフトすることです。

この長期優良住宅に認定されれば、2~3世代に渡って住み続けることができる住まいも決して夢ではなく、後の世代の生活も豊かにするという役割も果たすことができます。

長期優良住宅の条件

この長期優良住宅に認定されるには、国が定めているいくつもの条件をクリアしなければなりません。

ここからはその中でも重要な項目についてご紹介しておきましょう。

耐震性

大規模地震が発生しても、損傷を最小限に抑えて改修工事を施すことで住み続けることができる家を建築しなければならない。

耐久性能

数世代にわたって住み続けられる住居を建築しなければならない。その構造躯体はおよそ100年。

維持管理と更新の容易性

住まいの内装や設備が維持管理の容易である。清掃や定期点検、補修や取り替えなどが手軽に実施できること。

住戸面積

住みやすい住居水準に必要な面積があること。例えば、一戸建て住宅であれば75平方メートル以上で、マンションでは55平方メートルが基本的な基準とされている。

省エネルギー性

断熱性などにすぐれており、省エネルギー性が確保されている住居であること。性能評価は省エネルギー対策等級4がふさわしい。

これらの条件はまだ一部ですが、他にも周囲の住居環境を考慮した住居であること、雨水の侵入を防ぎ、定期的な点検や補修ができる計画を立てること、といったさまざまな条件が必要となってきます。

長期優良住宅に関してのメリットデメリットを解説

国が定めている条件をクリアした長期優良住宅を建てると、当然住み心地の良い丈夫な住まいに住むことができるのですが、実はそれ以外にもさまざまなメリットを得ることができます。

その一つが「減税対策ができる」ということ。

うまく活用すれば資産として後世に残すことも可能になります。

それではここからは、長期優良住宅を建てることの資産面でのメリットについてくわしく解説していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

長期優良住宅のメリット

所得税の減税措置

長期優良住宅の認定された住まいを住宅ローンを使って購入・建設した場合、年間の所得税から50万円、10年間500万円の控除を受けることができます。

これは長期優良住宅だけの特例措置です。

ちなみに所得税からの控除を受けて残額が発生した場合の減税は翌年度分からになります。

その時の控除額は、所得税の課税総所得金額の額に5%を上乗せして得た額となります。

さらに、長期優良住宅を建てる際に性能強化にかんする費用を対象に、10%をその年の所得税から控除してもらえます(控除額の上限は100万円)。

その他の減税

所得税の他に、登録免許税、固定資産税においても優遇措置や期間延長などのメリットがあります。例えば登録免許税は、通常の一般住宅だと「所有権保存登記:0.15%」「所有権移転登記:0.30%」が必要ですが、長期優良住宅の場合は一律で「0.10%」となります。また固定資産税の場合も、一般住宅では減額期間は「3年間」ですが、長期優良住宅では「5年間」に期間が延長となるのです。

住宅ローンの金利引き下げ 「フラット35S」というローンを利用した場合、耐震性、耐久性・可変性、バリアフリー性、省エネルギー性などの条件をクリアした長期優良住宅を建てると、11~20年目からのローンの金利が年間0.3%ほど引き下げとなります。

補助金補助を受けられる

地方自治体の取り組みとして、長期優良住宅の建設工事にかんする費用の一部助成を受けることも可能です。自治体によって異なりますが、最大で120万円の補助金を受け取ることができます。

長期優良住宅のデメリット

さまざまなメリットに目が行きがちな長期優良住宅ですが、いくつかのデメリットも存在します。きちんと把握してから住まいづくりを開始するようにしましょう。

コストがかかる

性能の高い住宅を建てるのですから、当然、それ相応のコストが必要になってきます。特に長期優良住宅の場合、第三者機関による性能審査を受ける必要があり、その審査費用もかかります。大手ハウスメーカーの場合、一定の基準を満たしている場合が多いのですが、工務店などが建てる家にかんしては、場合によれば認定を受けるために追加料金が必要となるケースもあります。 

時間がかかる

先ほど紹介した第三者機関による認定審査には、正確な住まいの性能をチェックするために、どうしてもある程度の時間が必要となってきます。あわてないように、建築スケジュールに前もってこの審査期間も加味しておきましょう。

完成後のランニングコスト

これは建てた住まいによって異なりますが、10年ごとの点検時に何らかの不具合が発見された場合、その場合のコストが若干割高になる可能性があります。 

ハウスメーカーや工務店の実情

ごく一部ですが、ハウスメーカーや工務店などの業者のなかには長期優良住宅の建設に消極的なところもあります。

その理由としては、

といったことが挙げられます。なかには、住宅の仕様を長期優良住宅に近づけることで、お茶を濁すといった業者もあるようです。

しかしこの場合、前述した税制上の優遇措置などを受けることはできなくなってしまいます。

どうしても長期優良住宅の認定を受けたい場合は、そういったハウスメーカーや工務店などを避けることをお勧めしますが、コストや日数などのデメリットを考慮に入れて、あえて認定を受けないというのも決して間違った判断ではありません。

何を基準に選ぶのか

長期優良住宅を建てる場合には、さまざまなことを考慮にいれる必要があります。

メリットを考慮して

一般の住宅と違って、審査料など長期優良住宅には独自のコストがかかってきますので、税制措置やローンの金利優遇などのメリットはぜひともその恩恵を受けておきたいところです。

そして何より、家族と一緒に断熱性や耐震性にすぐれた、快適で安全な住むことができる一番のメリットがあります。

長期優良住宅に住むのに大切な定期的な点検

すべての建物は年巣を経ることによって劣化していきますが、それは長期優良住宅も決して例外ではありません。

しかし、この劣化にいち早く気づいて対処することによって、住宅の寿命は確実に伸びていきます。

そのための方法が定期点検です。

長期優良住宅の認定を受けた住まいは、定期的に補修や点検を受けなければならない義務が法律によって定められています。

点検は約10年ごとに行われることが普通で、その度に補修箇所が見つかれば改善処置を行う必要があります。

家づくりの前には、建設から点検までをしっかりと考えた業者を選ぶことが重要です。

これらのことをしっかりと踏まえておけば、長期優良住宅は家族のより所として末永く機能してくれるでしょう。

茨城県での長期優良住宅に対する現状

茨城県では、長期優良住宅の普及に力を入れている県の一つで、補助金も申請すことが可能です。

ただし、一部の地域によっては建築前に、建築指導課との協議が必要になる場合があります。

また、認定を希望する場合には、第三者機関の審査が不可欠です。

「一般社団法人住宅性能評価・表示協会」への審査要請を必ずしておきましょう。

不明な点があれば、きちんと市役所などに問い合わせをおこなうようにしてください。

茨城県での審査に必要な基準は以下のとおり。

その他の注意点は以下になります。

※ただし、長期にわたる立地が想定されること、許可などを得ているときは該当しない

これらの要項に該当する、または要件を満たしていないと認可を受けることができません。

しっかりと施工業者や地方自治体の担当者に問い合わせるようにするといいでしょう。

茨城県で長期優良住宅に対応している会社3選

最後に茨城県で長期優良住宅に対応している会社をご紹介いたします。

長期優良住宅に関して気になる方はご参考にしてください。

国分建設

茨城県で40年もの間にわたって自由度が高く、高性能の注文住宅を作りつづけてきたのが、国分建設です。

茨城エリアのナンバーワンビルダーに3年連続で選出されるなど、数々の賞を受賞している会社として知られています。

なかでも注目なのが国産ヒノキ材で建てる「アイムの家」です。

平均3,000万円というローコストながら完全自由設計。

オール電化やリビング、ダイニングの家具設備まで備わっており、しかも長期優良住宅の条件も満たす、まさに高性能で住みやすい住まいを実現したい家族にとっては理想的な会社といえるでしょう。

会社情報

会社名 株式会社国分建設
所在地 茨城県牛久市田宮2丁目27-3
アクセス情報 JR常磐線牛久駅より車で5分、圏央道「つくば牛久I.C」より車で10分

ノーブルホーム

ノーブルホームは、土地探しから建設、引き渡し、定期点検までワンストップでお願いすることができるハウスメーカーです。

こだわりをもっているのは品質。特に耐震性には独自のきびしい基準を設けています。

最先端の技術を利用したさまざまな実験・実証を行い、あらゆるリスクに対して万全の体制を完備。

なかでも県内では初めての「実物大住宅耐震実験」を実施。

これは実際に住居を一つ建設してから大規模な地震発生試験装置にかけて、その耐震性を観察するというもの。

その他にも床下冷暖房システムなど、住み心地にかんしても最新の注意を払っています。

会社情報

会社名 株式会社ノーブルホーム
所在地 茨城県水戸市笠原町1196-15
アクセス情報 JR水戸駅から車で15分

棟匠

棟匠は、地元茨城県で育った杉やヒノキなどの建材を多く使用し家づくりを行っていることが特徴です。

棟匠の家は、構造体に無垢材を使用しています。しかし部材自体を従来のものよりも太いものを使用することにより長期優良住宅の構造計算を満たす家づくりを体現しております。

また健康重視の家づくりを目指しており、高気密・高断熱の外張り断熱工法や換気システムなど最新技術を取り入れています。

会社情報

会社名 株式会社 棟匠
所在地 茨城県水戸市泉町1丁目4-28
アクセス情報

JR水戸駅から車で5分

茨城県の評判のいい注文住宅会社

上記三社を含めた茨城県で評判のいい注文住宅会社をピックアップしております。

詳しくは関連記事をご覧ください。

関連記事:気になる茨城の注文住宅会社の評判集

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト