茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » こだわりはここ!注文住宅チェックポイント » 設備

設備

注文住宅でこだわる要因のひとつ「設備」について、必要設備の決め方や注意点などをまとめました。

水まわり設備は早めに決める

設備を自由に決められるのも、注文住宅の魅力のひとつです。ただし、ハウスメーカーや工務店によっては標準仕様が決まっている場合もあり、希望の設備を取り付けるとなれば余計な費用がかかったり、場合によっては設置できなかったりすることもあります。見積を確定する前の段階で、あらかじめ確認しておくことが重要です。

設備といってもさまざまですが、サイズの大きい設備は間取り(レイアウト)にも関わってきますので、早めに決めておきたいところです。特にシステムキッチンやバスルームなど水まわり空間は、ちょっとした変更でも配管の変更が生じるおそれもあります。

また、工事請負契約後に柱や壁など構造部分の位置変更が生じると、行政への建築確認の再申請が必要になるなどの手間が生じます。設備決めは工事請負契約前までに行いましょう。

ちなみに水回り関係では以下のような設備を導入すると、毎日の家事が楽になります。

洗濯機用・混合栓

こちらは洗濯機用の蛇口を水・お湯の両方を使用可能にしてくれる設備です。 洗濯物の中には、お湯の方が汚れを落としやすいものがあります。

中には洗面台の蛇口にホースを繋いだり、桶にお湯をはって洗濯機にわざわざ入れている方もいるのではないでしょうか。

ですがこの混合栓があれば、そのような手間を省くことができます。

つま先押し水栓

キッチンの水回りに導入することができる設備です。

水の出し止めをつま先で操作することができます。

これで料理や皿洗いの効率が上がるだけではなく、皿洗いの際は蛇口の線が洗剤で汚れるということも無くなるのです。

キッチン・ユニットバスの選び方

キッチンには既製品もあれば、自分仕様にカスタマイズできるものもあります。こだわりたい方は、やはりカスタマイズできるキッチンを。高さや幅などを普段使われる方が快適に使えるサイズに決めたり、汚れが取れやすい素材の天板にしたりと、自由に決められるのも注文住宅ならでは。防火や換気の設備も、あわせて考えましょう。

またユニットバスのサイズは、いくつかのパターンが決まっているので、そのなかから適したサイズを選ぶことになります。素材も基本的には樹脂製ですが、ホーローやステンレス、さらにはヒノキやヒバなどの木製の浴槽なども選択肢として考えられるのも注文住宅の魅力でしょう。

ホース式蛇口

キッチンシンクの掃除の際、シンクの端は洗剤を流せずに手で水を溜めてバシャバシャとかけているという方も多いのではないでしょうか。

それでは、水が飛び散って逆に汚れてしまうこともあります。そんな時に便利なのはホース式の蛇口です。これならばシンクの四隅にも水が届きます。

また、普段は蛇口の首の中にホースを収納できるタイプであれば、見た目もスッキリしていておススメです。

食器洗い乾燥機

今では多くの家庭において使用されている、主婦の強い味方です。

皿洗いから乾燥まで一律でやってくれるタイプなら、皆さんの家事の時間を大幅に削減してくれます。ビルドインタイプの食器洗い乾燥機なら、据え置きタイプのように新たなスペースをわざわざ考える必要もありません。

IHクッキングヒーター

食器洗い乾燥機同様、この20~10年の間にかなり普及した設備です。

オールメタルのIHクッキングヒーターならばアルミ鍋などでも引き続き利用できるので、鍋やフライパンを買い替える必要もないのが魅力です。

人造大理石バスタブ

大理石、と聞くと高級なイメージを持たれる方もいるかと思います。

しかしこちらは、大理石は大理石でも「人工大理石」です。このタイプのバスタブのメリットは、掃除の手軽さです。人工大理石には水垢が付きにくいという特徴があり、水を流すだけで汚れが落ちます。

魔法瓶バスタブ

こちらのバスタブは長時間の保温機能が備わっています。そのおかげで「何度も追い炊きをして電気代が嵩む」という事態を防ぐことができるのです。ご主人が仕事のため帰りが晩いというご家庭におススメです。

半身浴バスタブ

半身浴を前提としていて、底が浅い造りになっています。そのためお湯の量を抑えることができ、節約に繋がります。また、段差が低くなるので、小さなお子様や高齢の方がいるご家庭では安全面でもメリットがあると言えるでしょう。

浴室換気乾燥機

湿気がこもりやすい浴室や脱衣所はカビなども生えやすいという問題があります。

その問題を解決してくれるのが浴室乾燥機です。

カビを防いで掃除を楽にしてくれるだけではなく、冬場は脱衣所や浴室の暖房がわりに、雨の日は洗濯物の乾燥に利用することも可能です。

玄関設備の選び方

家の顔でもある玄関ですが、小さい空間ながらもこだわることができるポイントが沢山あります。

屋外から玄関までの道からドアそのもの、さらには靴棚やタイルなどが挙げられます。

例えば子供のいるご家庭の場合、靴の収納スペースは子供の成長に伴って段々と必要になってきます。さらに、小さなお子さんがいる家庭なら、ベビーカーを置く場所が必要です。

他には、防犯設備を充実させたいという人もいることでしょう。

照明やドアの鍵にこだわることで、防犯性能を高めることができます。

シューズインクローゼット

子供の成長とともに靴は数も大きさも増えていきます。

玄関横に備え付けられた既存の靴棚では段々と足りなくなってきた、という経験をされた方もいることでしょう。

そんな方におススメなのがシューズインクローゼットです。靴の収納量が多いだけではなく、ベビーカーなどといった物をしまうスペースとして利用することもできます。

センサー式照明

玄関外の照明を人感センサー式の照明にすることは、防犯効果の発揮にも繋がります。

人が近づくことで電気が点灯するので、間取りによってはリビングからも誰かが来たことを知ることができます。

また、玄関が明るい家は空き巣などに入られにくいという統計も出ています。

スロープと手すり

小さなお子様や高齢な方と一緒に住んでいるならば、門から玄関までの道に手すりを設けたり、高低差があるならスロープを設ける事をおススメします。

これらがあると足を怪我したときや、将来年老いたときに便利です。

電子錠

ドアの鍵を電子錠にすることは、センサー式照明同様に防犯に繋がります。

ちなみに電子錠にも「カードキータイプ」「指紋認証タイプ」「暗証番号タイプ」といくつかの種類があります。カードキータイプならポケットなどにキーを入れたままでも鍵の施錠ができ、指紋認証や暗証番号タイプならば「鍵を家に忘れた!」ということがなくなるので便利なのです。

その他のおススメ設備

上記で紹介したものの他にも、おススメしたい設備はまだまだあります。

以下に一覧として掲載しますので、ぜひご自身が注文住宅を購入する際の参考にしてみてください。

蓄熱式暖房機

冬の夜は暖房が欠かせません。

しかし、夜の電気代は昼と比べて割高になります。そこで電気代の安い昼間に熱をため込める蓄熱式暖房機を設置することをおススメします。

燃料の詰め替えが要らず、電源コードを気にすることもなく、それでいて初期導入費は床暖房よりも安いというメリット尽くしの設備です。

室内物干し

雨の日や花粉が飛び交う季節は洗濯物を外に干すことができません。

室内干しをする際にはハンガーラックを使ったり、もしくは窓際の僅かな縁や凹凸にハンガーをひっかけているのではないでしょうか。

そんな時にあると便利なのが室内物干しです。パイプを天井に収納するタイプ、ワイヤーを壁に収納するタイプなどがあります。

タンクレストイレ

トイレは空間が限られているので、可能な限り効率よく、かく広く使いたいものです。

そこでトイレをタンクレストイレにしてみましょう。タンクレストイレならば普通のトイレよりも場所を取らないのでトイレが広くなります。

さらにセンサー式水栓を導入すれば用を足してすぐに手を洗うこともかのうです。

ショールームを活用しよう

住宅設備は、実際に見て使って選ぶのがいちばん。そこで活用したいのが、各設備が用意されているショールームです。

カタログなどで選ぶより、体感できるショールームの方がより具体的なイメージがわきますし、比較検討もしやすく、使い勝手の悪いものを選んで後悔する、といったことも防げます。

注文住宅メーカーのなかには、一緒に足を運んで選ぶのを手伝ってくれる会社もありますので、一緒に足を運んでみてはいかがでしょうか。

>こだわりの設備をそなえた注文住宅を建てるならこの会社!

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト