茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » こだわりはここ!注文住宅チェックポイント » 注文住宅で内装の施工を成功させるためには

注文住宅で内装の施工を成功させるためには

自分好みの設計が施せる注文住宅ですが、設計で失敗してしまうというケースも少なくありません。特に内装に関しては、多くの失敗談が見受けられます。

ここでは失敗事例を踏まえた上で、住宅づくりの注意点やポイントを解説します。

注文住宅の内装の施工が上手くいかない理由とは?

勉強不足

注文住宅を建てるということは、多くの人が人生で初めての経験になると思います。そのため、設計や内装に関する知識も少なくて当然です。知識のない状態で工事プランを決めてしまうと、思いもよらなかった箇所で不具合が発生しやすくなります。ここで、勉強不足からくる失敗例をご紹介します。

上手い話に乗せられる

担当の営業マンの人柄がよく、対応も丁寧で話しやすいという人だと、設計を全部任せたくもなるものです。

しかし、営業マンに全てを任せて失敗した、という事例も少なからず存在します。営業マンもプロですから、高額の建材や設備を勧めてくるのも珍しい話ではありません。巧妙なセールストークに乗せられた例を見てみましょう。

内装の施工を成功させるために気をつけること

コンセントの配置は重要

内装のデザインや配置を考えていると、忘れやすいのがコンセントの配置です。実際に使いたい場所にコンセントがないと、タコ足配線か、延長コードを引っ張って対応するしかありません。

特にキッチンは家電を思った以上に使用します。ミキサーやコーヒーメーカーやパン焼き機、掃除機や簡易暖房、スマホの充電もするかもしれません。コンセントの個数・位置に関して念入りに検討することが求められます。

収納は多めに作ろう

部屋を広く作っても、収納スペースが十分にないと部屋に荷物があふれてしまいます。そういったことにならないよう、あらかじめ大きめの荷物の収納場所を決めて設計をするようにしましょう。そうすると、収納スペースを有効活用できるので、お部屋もスッキリ片付きやすくなります。

自分好みの内装に工夫するポイント

内装で大きく印象を左右するポイントは「色」です。そんな色を取り入れやすいアイテムが「カーテン」です。

冬場は厚手で温かみのある色のもの、夏場は薄手で涼しくなるような色にする。このように、カーテンは季節に応じて、部屋の印象をガラリと変えることができるのです。

洗濯機で洗えるウォッシャブルタイプなら、清潔を保ちつつ長く使えます。数種類のカーテンを使い分けることで、模様替えのアイデアも広がるでしょう。

壁や床などの内装の大部分を占める箇所は、ベージュなどの淡い色にするのがおすすめです。そして、ソファーやカーテン、クッションなどの小物で所々にアクセントとして色鮮やかな「ブルー」「赤」「グリーン」を取り入れて、内装全体のバランスをとりましょう。

このように、業者だけではなく自分でも積極的に内装を工夫すれば、お洒落な部屋を楽しみながら仕上げることができます。

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト