茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » こだわりはここ!注文住宅チェックポイント » 建築素材

建築素材

注文住宅でこだわる要因のひとつ「建築素材」について、材料の決め方や注意点などをまとめました。

自然素材を使った注文住宅が流行

最近の注文住宅では、自然素材の建材にこだわった家づくりをされる方が増えています。

例えば、無垢材のフローリング、珪藻土や漆喰を使った壁といった材料を使っているのが、自然素材の家の特徴です。

こうした住まいに注目が集まっている理由は、シックハウスやアレルギーなどの原因とされる化学物質(ホルムアルデヒドなど)が含まれていないということ。いつまでも健康的な暮らしを送るためには、一つ一つに使われている材料までこだわりたいという思いがあるからでしょう。

なかには「地産地消の家づくり」をコンセプトに、地元で採れた木材や建築素材を使った注文住宅も人気のようです。その土地で育った木だから湿度の調整といった環境にも慣れている建材になり、長く快適に過ごせる家が作れるという特徴があります。

また、自然素材はその温かみのある風合いも選ばれる理由となっています。

それではどの様な自然素材があるのか、代表的なものを例に挙げて紹介したいとおもいます。

代表的な自然素材

漆喰

水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分とした塗料で、壁材として使われます。防水性耐火性に優れており、人体に悪影響を及ぼす化学物質が含まれていないという特徴もあって人気が高い素材です。日本では古くから建築物の上塗り材として愛用されてきました。また、時間が経つにつれて二酸化炭素を吸収し、硬くなるという特徴もあります。まさに、「生きた素材」と言える自然素材です。

珪藻土

植物性プランクトンの死骸が積み重なり化石化したものが珪藻土です。火に強いという特性から日本でも昔より七輪、漆器の下塗り剤、城郭の内壁材などで利用されていました。目に見えない小さな穴が大量に空いており、調湿性能や脱臭機能も合わせています。そのおかげで住宅の素材としてのみならず、最近では珪藻土を素材としたお風呂浴室用のマットなども販売されています。

無垢材

合板や集成材とは違い、一本の木から角材や板を直接切り出して作られる木材です。杉、松、檜、栗などの素材があります。他の素材と同様に調湿調温性能が高いことで人気があります。他にも、ダニ・カビ・細菌類に強い、地震に強い、接着剤を使っていない、香りにリラックス効果がある、耐久性に優れているというメリットがあります。

セルロースファイバー

セルロースファイバーとは断熱材の一つで、この素材を使った家は「夏は涼しく、冬は暖かい」と言われていて人気があります。セルロースファイバーを使えば冷暖房の力に頼らなくとも、一年中家の中の気温を適温に保ってくれるのです。その正体は新聞紙のリサイクルから生まれた天然繊維(パルプ材)で、環境にも優しいという特徴があります。他にも「湿気を吸う」「結露・カビ予防となり家の防腐効果に繋がる」「白アリ・ゴキブリなどの害虫に対して防虫効果がある」「防音性能が高い」「防火性能が高い」という五つのメリットがあり、注文住宅を建てる人の注目を集めています。

コルク材

ワインの蓋としても使われているコルクは、注文住宅でも床材などとして使われています。断熱性、保温性、防水性、消音効果、そして滑りにくさと弾力性が特徴です。リビングなどは勿論、キッチンや階段、さらには浴室でも設置できるのです。とくに小さなお子さんやご年配の方がいる家庭では、転倒防止と転倒してしまった時の怪我の予防で活躍できます。

以上がおススメの自然素材です。自然素材の魅力はシックハウス症候群などの予防といった健康面だけではありません。住む人にリラックス効果を与えたり、住めば住むほど時間と共に深い味わいが出てくるというのも大きな魅力です。さらに自然素材は丈夫だとも言われています。つまり、自然素材を多く使う家は災害や劣化にも強いのです。

メンテナンスも考えた材料選びを

建材選びのポイントの一つに、その材料がメンテナンスを必要とするものかどうかという点も重要です。

海岸沿いに注文住宅を建てるのであれば塩害に強い材料を選ぶべきでしょうし、雨や雪の多い地域なら耐水性の高い材料を選ぶなど、その土地の環境に適した材料選びをすることでメンテナンスの回数を減らすことができます。

特に外壁や屋根は、夏の暑い日差し、冬の冷たい風といった厳しい外部環境にさらされる部分ですから劣化もしやすく、多少高い素材を使っても長い目で見れば安くなることもあります。

一例として、天然石材の外壁、瓦葺きや天然スレート葺き(化粧スレート)の屋根などは、風雨や日光などにも強くほとんどメンテナンスの必要がないため、多くの建築家や施工会社も推奨している素材。こうしたポイントも、素材選びのこだわりのひとつとして検討してみるのもよいでしょう。

では続いて、メンテナンスが簡単もしくは不要な建築素材を詳しく紹介したいと思います。

メンテナンス不要な建築素材

レンガ材

外壁材の中でもとくに丈夫であることで有名なのがレンガ材です。海外でも古くから使われている、伝統的な素材でもあります。粘土分の含有量によっては百年単位でも保つ耐久力が魅力です。

また、年代を重ねるにつれて少しずつ味わい深くなっていきます。レンガ独特の渋い質感が出てくるので、表面を定期的にメンテナンスして新品のように磨き上げる必要はありません。長く住めば住むほど、魅力的な見た目の家になっていきます。

EPS断熱材

壁材を選ぶ際には材料の断熱性はとくに重要視されます。断熱性のレベルによって夏と冬の家の中での過ごしやすさが変わってくるからです。EPS断熱材は近年注目されている壁材で、断熱材としても非常に優秀ということで人気が上がっています。さらに、EPS断熱材は従来の壁材と比較すると柔軟性と軽さで優れており、地震にも強いという魅力があるのです。地震が来ても壊れる可能性が低いので、定期的なメンテナンスの心配がないのです。

ホウ酸

住宅は熱や雨風、さらには日差しや雪といった環境的な要因から段々と劣化していきます。もしくは時間と共に素材の耐久力が落ちて脆くなったり、自然災害で破損することも考えられます。しかし、住宅はもっと身近な危険にいつも晒されているのです。

それが白アリ被害になります。白アリによる住宅の被害は世界中で挙がっており、日本でも毎年多くの家が被害を受けています。一般的な家庭では白アリ防除のメンテナンスは五年おきほどで行われていますが、その度に約20万円の費用がかかるのです。これらを解決するために、建築時に木材にホウ酸を塗ることをおススメします。天然素材のホウ酸は体への負担もほとんどなく、そして一度濡れば半永久的に防虫効果があるのです。

陶器瓦

屋根は毎日日差しに晒され、一年を通して雨風をうけています。さらに、夏には台風、冬には雪の影響を受けるので、とくに劣化が激しい場所の一つです。そこでおススメなのが陶器瓦になります。瓦は耐久性にとても優れ、およそ五十年もつと言われているのです。さらに色落ちにも強く塗装が剥がれるということも無いので、色の塗り直しの心配もありません。ただし、他の素材と比べて重さがあるので、家自体がしっかりとした構造である必要があります。

アスファルトシングル材

ここ二十年の間に注目を集めている屋根材の一つです。天然採石に焼き付け塗装を施した、北米生まれの素材になります。こちらも色落ちがほとんどないので、塗り替えをする必要が無いと言われています。さらに瓦屋根と比べると非常に軽量で、家自体への負担も少ないというメリットもあるのです。

以上がメンテナンスの面でも非常に高性能な建築素材です。住宅は一度買ったらそれで終わりでなく、その後のメンテナンスなどで係る費用も考えなければなりません。

ですので、小まめなメンテナンスが必要ないように、あらかじめ効率の良い素材を選ぶことが重要なのです。

まとめ

今回は自然素材とメンテナンスに優れた素材の、二つの種類の素材について紹介しました。じつは無垢材などは、メンテナンスの面でも優れた自然素材と言われています。家を建てる際にはぜひ検討をしてみてください。

>こだわりの素材で家づくりができる注文住宅会社はこちら

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト