茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » こだわりはここ!注文住宅チェックポイント » 間取り

間取り

注文住宅でこだわる要因のひとつ「間取り(レイアウト)」について、基本プランの考え方や後悔しないための注意点などをまとめました。

最近の注文住宅に多い間取りの流行

注文住宅の間取りにも流行があります。最近の傾向として多いのが、広いリビングを設けた住まい。家族みんなが集まれる空間として、ダイニングも兼ねて20畳以上あるリビングを希望される方が多いようです。

敷地面積の関係上、横への広がりが難しい場合は、吹抜けにして縦の広がりをつくることも注文住宅なら容易に実現できるでしょう。吹抜けがあると同じ面積のリビングでも広く感じられますし、天窓を設けて外の光を取り込んでより明るい空間をつくることもできます。

間取りプランを決めるポイント

間取りを決める際には、以下のステップで決めていくことで理想のプランに近づけることができます。

STEP1 ゾーニング
家族構成やライフスタイルにあわせて、「子どもたちのゾーン(子ども部屋など)」「寝室などのプライベートゾーン」「水まわりゾーン」「家族が集まるゾーン」など、必要な空間を決めます。

STEP2 間取りを細かく決めていく
ゾーニングした条件をさらに細かい空間で割り当て、配置していきます。その際、注意したいのが動線です。洗濯機を置くスペースからベランダまでの距離が長い、リビングを通らず玄関から子ども部屋に直行できてしまうなど、行動パターンを考えながら快適な間取りを決めていきます。

STEP3 収納スペースを決める
収納スペースは多いに越したことはありませんが、必要な場所に必要なものをしまえることがポイント。キッチンまわりに食器や調理具を置くのと同じように、子どもたちのおもちゃ、趣味のアイテムを置く場所など、今ある道具だけでなく将来増えていくことも想定して決めていきます。

STEP4 ドアの位置や大きさなどを決める
建物内部のドアの位置や大きさを決めておかないと、引越しの際に大きな家具が入らないといったトラブルになることも。家具の設置場所を考慮しながら、大きさはもちろん、引き戸にする、開き戸なら外側内側どちらに開くかなど細かく決めていきます。

間取りで後悔する原因はココにある!

広い部屋に、ソファやテーブルなど希望の家具を置いて、のんびり過ごされる生活シーンを思い描かれている方も多いでしょう。

しかし、現実には「ソファを置いたらテーブルを置くスペースがなくなった」「テレビやAV機器を置く場所にコンセントがない」「寝室にベッドを入れようとしたらドアから入りきれず、別のベッドに買い替えることになった」など、思い描いていたことに反するトラブルが生じているようです。

こうしたトラブルを防ぐには、必要な家具とそのスペースを間取りを決める段階で考える必要があります。

まず、テーブルやベッドなど大きな家具は、サイズだけは先に決めておきましょう。カタログなどに記載されているサイズを見て、間取り図に実際に落とし込むことで、ある程度のトラブルは防げます。

設計段階前であれば、不動産の広告などに掲載されている間取り図を使って、実際に家具の配置をしてみるとわかりやすいでしょう。

すでに間取図を決める段階であれば、設計士の方に家具の配置を書き込んでもらうこともできます。プロの設計士ですから、ライフスタイルに沿っていろいろアドバイスをしてくれることも期待できますよ。

>こだわりの間取りをかなえる注文住宅会社はこちら

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト