茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » こだわりはここ!注文住宅チェックポイント » 二世帯住宅で失敗しないためのプランニングのコツ

二世帯住宅で失敗しないためのプランニングのコツ

親の世帯と子の世帯の二世帯が同一の建物に住む住宅のことを「二世帯住宅」と呼びます。

この二世帯住宅は、お互いに協力し合えるという良い面もありながら、一方で、人間関係のストレスを感じる場合があることも事実です。

ここでは、二世帯住宅ならではの「失敗」を避けるために、プランニング段階でのコツとアイデアをご紹介していきたいと思います。

親世帯と子世帯の生活スペースを一部分離する

二世帯住宅を建てた人たちが失敗だったと感じるのは、親世帯と子世帯のライフスタイルの違いを感じるシチュエーションに出くわしたときです。

両世帯のライフスタイルによっては、玄関が共有の場合など、同居のストレスを感じることもあります。

たとえば、夜9時に就寝する親世帯と同時刻に帰宅する子世帯の場合、玄関が一か所しかなければ、音をたてないようになど、お互いに気を使ってしまうでしょう。また、靴の収納スペースにも限界がありますし、自分の友人を招く際にも遠慮してしまいます。

親世帯と子世帯がお互いに気持ち良く生活するには、生活自体をある程度分離して、距離感を保つことが大切です。

そのためには玄関を二か所設けることも1つの方法でしょう。また、キッチンを分ける、リビングのほかにサブリビングをつくるなど、それぞれのライフスタイルやこだわりに合った分離を計画して設計するとよいでしょう。

生活音を配慮した間取りにする

二階建ての二世帯住宅を建てるとします。

親世帯の寝室が一階の南側にあり、子世帯が使用する浴室が二階の南側、ちょうど親世帯の寝室の真上に配した場合、どのような問題が起こるでしょうか?

夜遅く帰宅した子世帯が入浴する際、そのシャワーの音や排水音などが真下にある親世帯の寝室に直に響いてしまいます。

二つの世帯を階で分けたとしても、このような間取りではトラブルになりかねません。

浴室だけでなくトイレ、キッチン、洗濯機などの水回りは、なるべく上下階で位置を合わせたり、寝室の近くに置かないなどの注意が必要でしょう。

そうすることで、たとえライフスタイルが異なっていても、生活音によるトラブルを避けることができます。

また、小さな子どもがいる世帯では、子ども部屋やリビングの位置も考慮する必要があります。走り回る音や物を落下させる音などは想像以上に響きます。

実際に生活をはじめてから後悔したというケースは意外に多いといいます。騒音の発生源になりそうな設備や部屋は、それぞれの生活に影響を与えないような場所に設計することが大切です。

プライバシーを保ちながらも両世帯が触れ合える空間をつくる

親世帯と子世帯の生活を一部分離すれば、ある程度のプライバシーを保つことができます。しかし、二つの世帯が触れ合える空間がほしいと考えている方にとっては、すべてを分離してしまうと二世帯住宅の意味がなくなってしまいます。

そこで、こだわりに合わせて両世帯の共有スペースを工夫してみましょう。

リビングを共有にする、キッチンを共有にするなど、それぞれのスタイルによってもっとも適した場所を共有にすることで、二世帯住宅のメリットを享受することができます。

大部分を分離したい場合でも、共有テラスを作ることなどの工夫で、お互いにストレスの少ない形で二世帯住宅が可能になるでしょう。

 

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ
茨城県水戸市のヒゲ脱毛サロンを比較|ヒゲ脱毛パーフェクトガイド

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト