茨城のおすすめの注文住宅会社を徹底比較!

条件と評判で選ぶ茨城の注文住宅会社ランキング » 賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ » ローコスト住宅のコストをさらに削減する方法とは

ローコスト住宅のコストをさらに削減する方法とは

安い費用でマイホームを手に入れたいなら「ローコスト住宅」

ローコスト住宅に関しての情報を記載しています。ローコスト住宅に関して知りたいという人や、さらに費用を抑えたいと考える人は、ここに記載されていることを参考にしていただけたら幸いです。

ローコスト住宅の定義

ローコスト住宅というワードを耳にしたことはありませんか。最近では、このローコスト住宅のおかげで、安い費用でマイホームを入手することができるのです。茨城やその他の地域でもローコスト住宅を建てることができます。

ローコスト住宅の定義は、一般的に家の広さが35坪前後であり、坪単価は20万~40万円のものです。そして、物件価格はおおよそ1000万円のものを指しています。

ローコスト住宅のメリットといえば安さだといえるでしょう。そもそもローコスト住宅自体が安さを売りにして市場に送り出されているのです。あまり費用を用意できないという人でもマイホームが持てるのは素晴らしいことだといえます。

また、ローコスト住宅は余分な作業をカットすることから、工期も短い傾向にあるのです。ですから、マイホームが自分たちの手に渡るまでの期間が短いというメリットもあります。

ココを意識しておけばさらに費用を抑えられる

費用を抑えるために意識しておきたいポイントを紹介します。

間口は短辺2,730mm以内

間口をなぜ短辺2730mm以内に納める必要があるかといいますと、この数字以上にしてしまうと使用する材料が変化するため、費用が高くなるからです。それを防いでコストダウンさせるためにも、短辺2730mm以内にするようにしましょう。

家具は既製品

作り付けの家具は、家具職人が一から作るため費用が高くなりがちです。ですから、コストを抑えるためにも、できるだけ既製品にこだわりましょう。

メーカーにこだわらない

工務店が推奨してくるメーカーを利用すると費用が大幅に増してしまいます。そのため、メーカーにこだわらないということがコスト削減をする上では非常に重要なポイントとなってくるのです。

吹き抜けは避ける

無駄な空間を消すことによって、そこにかかる費用を失くすことができます。

皆はどうやって費用を抑えた?

ローコスト住宅を購入する際に更に費用を抑えることに成功した人たちの感想を見ていきましょう。

【30代男性/会社員】

床や壁のグレードを下げることでコストダウンさせることに成功しました。グレードを下げましたが、作りはしっかりしていたのでやって正解だなと思いました。

【40代男性/派遣】

既製の間取りや床、キッチンやお風呂のグレードを下げました。とにかく下げられそうな場所は全て下げたので、大きくコストを押さえることができました。

注意点の確認も忘れずに

ローコスト住宅はシンプルなデザインであるため、物足りなさを感じてしまいます。結果、用意されているオプションを付け加えてしまい、コストが高くなることがあるのです。

ローコスト住宅はコストを抑えるために、使用する材料の品質を落としています。この点はデメリットではあります。しかし、その分お金を貯めるのに必要な時間を削減でき、早い段階でマイホームを入手することができるため、かなりの時間を節約でき、待つ必要もありません。

またローンの完済も早く済むというメリットもあります。注意点なども考慮しつつ、自分が求める条件に一致しているかどうかを確認した上でローコスト住宅の購入を検討しましょう。

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報
サイトマップ

↑

気になる茨城の注文住宅会社の評判集
徹底比較!ハウスメーカーVS工務店VS建築設計会社・5番勝負
こだわり満載!注文住宅の施工事例【茨城版】
賢く建てる!注文住宅の費用のハナシ
契約までの注文住宅・段取り総まとめ
こだわりはここ!注文住宅チェックポイント
注文住宅を建てるなら?いま人気の茨城タウン情報

茨城で建てる注文住宅会社比較サイト